高く土地を売るために大切なポイントを説明します。

MENU

土地を高く売りたいなら、不動産一括査定サイトを利用するのが一番です!
完全無料で1分程度の入力作業だけで利用できます。
逆に何の知識も持たず直接不動産屋に行ってしまうと、足元を見られて相手に有利な条件で進められてしまいます。
また、比べる相手がいないとその価格が適正かどうかも判断できません。
不動産一括サイトを利用すれば、

  • 価格競争が起こり、ギリギリの高額査定が提示される。
  • 悪徳企業、評判の悪い企業は排除される。
  • あなたの土地の相場感や価格差が分かる。

などのメリットが得られます。
ただし、

  • 複数企業から連絡が来て面倒。

と感じる方もおられるかもしれませんので、面倒な方は査定企業を絞って利用して下さい。

土地の売却に強い一括査定サイトはコレ!

私が土地を売った時にイエウールのおかげで300万円も得をしました。


イエウールは下記のような大手企業を含む全国900社以上の優良不動産会社から最大6社に一括査定依頼ができます。

お客様満足度98%の実績で、特に土地の売却に強いサイトです。
また、プライバシーマーク取得企業なので、安心して一括査定を任せる事ができます。
高く土地を売るナビ【土地売却で損しない方法】

土地を高く売るなら一括査定サイトで相見積もりをとること

自分の持っている土地を高く売ることを考えていても、なかなかその方法が見つからない人が多いと思います。


土地の専門家ならともかく、素人がその土地の価値を正確に把握し、それを価格という形で示すことはほぼ無理と言っていいでしょう。
とはいえ、1つの不動産会社にその土地を評価し、売ることを依頼した場合、その出て来た評価が本当に妥当なのかどうか、ということも判断が付きません。悪徳な不動産会社なら、あえて安い価格で買い取るようにして、後で高く、というか正当な値段で売って、差額を大きく稼ぐかもしれません。
そういう不安を払しょくし、土地の正確な価値を把握し、そしてその上で可能な限り高く売るためには、相見積もりをとることが1番です。
ただ、不動産会社1社1社に連絡を取って相見積もりをとることもなかなか現実には難しいので、そういう人のためには「不動産の一括査定見積りサイト」を活用することをおすすめします。
たとえばイエウールというサイトは、簡単な入力だけで、複数の会社から見積もりを取ることができ、一切の不安なく土地を正当に、かつ高く売ることができるサイトです。
査定は無料ですので、1度迷っている人は試してみても損はないでしょう。

土地売却に強い「イエウール」の無料一括査定はコチラ

高く土地を売るには早期に確実に売るのが近道

マンション売却
不動産は、売る側としては少しでも高く、買う側としては少しでも安く取引したいと思っています。
中古の不動産には相場があり、その相場を大きく外れた高い値で売れることはあまり期待できません。買うほうとしても相場は知っていますので、あえて相場以上のお金を出そうとは思いません。むしろ相場より安く買いたいと思っているのですから、理由もなく高いお金を出すはずがありません。しかし、理由があれば別です。近くに実家があるのでどうしてもこの土地が欲しい、というような場合です。売る側としては、買主がどの程度その土地を欲しがっているかを見極めて、上手く交渉していくことになります。
一戸建ての場合、土地と建物をセットで売るにしても、それぞれの相場を合わせて売値を決めることになります。建物が手を入れなければとても住めないような代物であれば、取り壊し費用も考慮して土地代を下げざるを得ないこともあります。逆に建物が築年数の割りに手入れがきちんとされていれば、土地とセットにすることで相場以上の価格で売れる場合もあります。
では、土地だけの場合はどうでしょうか。高く土地を売るといっても、建物がある場合に比べるとアピールポイントが限られてきます。相場より高く売るのは限界があるでしょう。土地だけの場合、高く土地を売ることではなく、確実に売ることを重視したほうが良いでしょう。せっかく取引が成立しても、なんらかの都合によって契約が解除されるようなことになれば、余計な費用がかかることになります。早期に確実に売ることが、結果的には高く土地を売ることになるでしょう。
では確実に売るためにはどうすれば良いかですが、相手に契約を解除されるような落ち度をつくらないことが一番重要です。不動産の取引では、契約解除できる条件や手付金の扱いなどが法律で決められています。高い買物ですから、買主が不利にならないようにするためです。もちろん売主をも守る法律ですが、買主に有利なことは間違いありません。建物の瑕疵担保責任が良い例です。売主は、売却した不動産について一定期間瑕疵担保責任を負います。売主が気付かなかった不具合についても責任を負わなければならない、ということです。このような法律のもとでは、契約を解除されて損害賠償まで請求されるようなことがないよう、くれぐれも注意しなければなりません。
建物のように、雨漏りやシロアリの心配はありませんが、土地だけの場合にも瑕疵担保責任はあります。土地の売却に通じている不動産会社に依頼することが不可欠です。
土地を売る人は、相続などで利用しない土地を手に入れた人が多いです。自分で利用するなら良いですが、近くに住んでいなかったり、土地活用に興味がなかったりして売ることを検討する人が多いです。土地は固定資産税が高いですから、所有しているだけで高い税金を支払うことになります。使ってもいない土地に税金を払うなんてバカらしい、と早期売却を考えます。焦るあまり、仲介する不動産会社をよく選ばない人がいます。一括査定などで一番高い評価をしてくれた業者と簡単に契約を結んでしまったりします。
現地に何度も足を運べない遠方の人は致し方ない部分もありますが、やはり売却を依頼する業者の得意分野くらいは知っておくべきでしょう。不動産の仲介といってもいろいろです。賃貸を得意としている会社もあれば、マンションを得意としている会社もあります。一戸建て、土地に強い会社もあります。全部扱っていても、得意分野は必ずあります。言うまでもなく、土地の売買に通じている業者を選ぶべきです。ホームページなどを見ると、不動産会社の得意分野はある程度分かります。取引中の案件などを見て、少なくとも複数の更地の売却を扱っている不動産会社と契約をしましょう。一括査定で一番高い値を提示した会社が一番高く売ってくれるとは限りません。買主あっての取引ですから、そこを勘違いしてはいけません。
土地を探している人は、何か目的があるはずです。アパートを建てたいとか、二世帯住宅を建てたいとか、自宅兼自営のオフィスにしたいとか、いろいろな希望が考えられます。いくら早く売りたいからといって、買主の希望を叶えられない土地をごり押しで売ってはいけません。二階建てのアパートを建てたいと考えている買主に対し、建築法などで平屋建てしか建てられない土地を売れば、トラブルは目に見えています。ろくに調査しない買主が悪い、などと考えてはいけません。最後までトラブルなく取引を成立させ、買主との関係も気持ち良く終わらせましょう。
買主がローンで土地の購入を考えている場合、契約書にはローン特約がつくでしょう。ローンの審査に通らなければ取引を白紙撤回できる、というものです。これは拒否することは難しいでしょう。しかしそれ以外の特約には慎重にならなければいけません。不動産会社を信用していても、契約書には自分で隅々まで目を通すようにしましょう。